Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loosetrap.blog103.fc2.com/tb.php/66-9e6d379c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「やるべし」について


しつこいようだけどおれはサックス奏者の坂田明さんが大好きで、幸運にも先日そのステージを2日続けて見ることができたんだけど、あそこで見たのは、あの人は「男」の理想型なんじゃないのかなあ、と見ながら思ってたんだ。(初日は「いま『サザエさん』やるなら波平は坂田さんだなあ」とちょっと思ってたけど。)

ことに印象を受けたのが、会場はダウンホームな雰囲気だったからさ、次やる曲について出演者でちょっとだけゴチョゴチョッと言い合いになりかけたときに坂田さんがきっぱり「やるべし!」って言ったのね。サックス構えながら。したら小川美潮さんも「うん、やるべしやるべし」つって曲が始まったの。うわあって思って、そうだよなあって思って、ああおれはこういう人になりたい、なるべしって思った。



そうなんだよ。つまり「やるべし」なんだよ。迷いがあれば「やるべし」なんだよ。わかんなきゃ「やるべし」なんだよ。できなきゃ「やるべし」なんだよ。できるまで何回でも「やるべし」なんだよ。

事前の打ち合わせがしたけりゃ「やるべし」なんだよ。「あそこんとこどうしようね?」って思ったら「やるべし」なんだよ。できるんならなおさら「やるべし」なんだよ。とにかくやんなきゃいけないなら「やるべし」、これだよ。これだよな。これだ。本当に素晴らしいな。素晴らしかった。あんな光景が見せていただけるとは思ってなかった。演奏者がステージで「やるべし」、こんなに正しい発言はないよなあ。ああおれはこの人が好きでよかった、この人が好きだと思ったおれは間違ってなかった、って思って、ホントに嬉しかったな。



そんなわけで職場でももう2回使いました「やるべし」。どんどん使おう。みんなも使うといいと思うよ。




この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loosetrap.blog103.fc2.com/tb.php/66-9e6d379c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

GONZO

映画『GONZO』公式サイト

プロフィール

五合

Author:五合

FC2カウンター

ブログ内検索

読書メーター

最近読んだ本

鑑賞メーター

最近観たビデオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。