Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loosetrap.blog103.fc2.com/tb.php/4-606e2c31

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

キャロル・キングつーか

ようやく床屋に行って(男前を上げて)本屋で立ち読みしたりしてダラダラ過ごす。今朝届いたキャロル・キングの「つづれおり」レガシー・エディションを聴くうちいつの間にかCD棚を漁って女性ボーカル特集になる。ローラ・ニーロとかね。リンダ・ルイスとかね。ケイト・ブッシュ「ドリーミング」が出てきたが聴くべきか……? 

ところでこないだウチの職場のパートさんと改めて面談とかしてたんだが、その話。

彼女はパートの中で最年長でさ、もうお孫さんが2人もいるという立派なご婦人なんだけど、作業はちょっと遅いのよ他の人と比べると。あっちが痛いのこっちが辛いのとかもあるし。
あとちょっと独特なのね。ガンコで、人の言うこと聞く前に自分がしゃべっちゃうとか、ややこしめの作業ですぐパニックになるとか、自分の言ったこと繰り返してもう一回言って一人でウケてるとかね。

そんだから「扱いにくい人」っぽい評価されてる感じなんだけど、おれはまあ好きなのよ。面白いから。面白がりだしたら誰だって面白いんだけどさ。年長の女性リスペクトごころが疼くというか。なんでみんな(社員連中)わかんねえかなあ、彼女の面白さが、と思ってたわけ。

こないだなんか、スーパーのレジで1万円渡したのをレジ係が「受け取ってない」って言い張ったんで、バトルしてレジ改めさして「合ってました」って言わせて勝利したという武勇伝をみんなで囲んで(ウチのメンバーでな)聞いて、「あたしもう泣きそうになっちゃったけど」とか言っててな、面白くてさ、そういう彼女の良さが、まあ毎日近い位置で見てなきゃわかんねーかとも思うんだけどさ、いろいろあんだけど、上長が今年になって決めたらしいのよ、「ちょっといじめてくじけたら辞めさせよう」と。まあコイツがヤな奴なんだけどさ。

ヤな奴つーか、いいとこもあんだけどね、まとめて言えば「なんでその歳でその見た目でそんなに自意識過剰なのよ」という「ガキかオメエは」みたいな、常に自慢話しかできないようなシケたハゲでな、とはいえいいとこもあんだけどな、なんだかんだあって、けっきょく辞めさすのはやんぴになったのよ。

というのを説明する面談をしたんだけど、どうもなんというか、ヒトビトの面談・面接のヘタクソさには辟易させられますね。元・面接ばっか5、6年やってた人としては。なぜ人は職階が上がると面接もうまくできると思ってしまうのだろうか。当たり前の話だが、面接がうまくなるには面接をいっぱいして、本とかも読んで勉強するしかないのである。「おれは面接がうまくできるかなあ」という危機感が、面接を大して経験してない(エライ)ヒトビトからまったく感じられないことが、おれの社会人生活の中でいまだ解決されない大きな疑問のひとつである。

そんなことはいいが、その面談のとき、彼女はドキッとするようなことを言った。これを忘れたくないからおれは今日エントリを上げるのだ。

「いい機会だから言っときますけどね」と、彼女はおれたちを見据えて言った。おれはちょっとゾクッとした。彼女がそんな見得を切るとは思わなかったからだ。なんにも感じてないらしいバカ(いいとこもある)と、ひそかに固唾を飲むおれ。

「みなさんはまだ分からないでしょうけど、年をとるとどんどん衰えて行くんです。だから今はまだがんばってなんとかなっても、いつか本当に働けなくなるときが来るでしょう。
それはしょうがない。でも今わたしがここで働きたいって思うのは、それだけの価値がこの職場にあるからなんですよ。パートのみんなと、社員のあなたたちといろんな話をしたりすることが本当に楽しいからなんです。ここは、それぐらい素晴らしい場所なんです。それを知っておいて欲しい。ここを辞めたら、たぶんもう働きには出られない。そしたらね、家の中でずっと一人でいてね……」

おれはちょっと泣きそうになった。だから、そっからバカ(いいとこもある)がくだらんこと言って、彼女と本当にくだらん言い合いになって、おれはずっとバカ(いいとこもある)を肘でつついて「もういいですよ(つまんないから)」「そんなの(彼女は)わかってますから」とささやき続けてた。


あーあ、ごめんなさいな読みにくい長文になって。でも書いときたかったんだ。書いときたかったんだよ。



TapestryTapestry
(2008/04/22)
Carole King

商品詳細を見る
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loosetrap.blog103.fc2.com/tb.php/4-606e2c31

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

GONZO

映画『GONZO』公式サイト

プロフィール

五合

Author:五合

FC2カウンター

ブログ内検索

読書メーター

最近読んだ本

鑑賞メーター

最近観たビデオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。