Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loosetrap.blog103.fc2.com/tb.php/2-0f74f56d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ミツバチ大殺戮


知らぬこととはいえ、かわいそうなことをしてしまった。

連休明けの朝、戸外の喫煙場でボーッとタバコ吸ってたら、正面の木のあたりにやたらとハチが飛び交っている。近寄ってみたら木の幹にハチがみっちりぎっしり長さ50~60センチ幅30センチぐらいの塊になっていて、周囲にもブンブン飛び回っているのだった。

あまりに意表を突く光景にギエエエとうめいてとって返し、総務の人に電話して「ハチが不気味なぐらいたかってるんで見に来てね(ハァト)」とか言ってみると、じきに来て見てびびってる。よく見るとミツバチなので、こっちがなんかしなければ襲われたりはしないだろうとは思うのだが、人の通り道なので不安は感じる。連休の間に「いい場所みっけ」となって巣作りを始めたのだろうか。

「ね、すごいでしょ。では私はこれで」「いやいや! もうちょっと一緒にいて」「いや仕事がありますから」とか言ってちょっと遊んだりしたが、午後になって彼は業者を連れてハチを駆除するべく戻ってきたらしい。

業者の若者二人は「ヒャッハー」「殺ったれやー」などと言いつつガンタイプの殺虫スプレーをクルクル回しながら大量にぶち撒いてハチ集団の虐殺におよび(見てないので想像)、私が見たときには木の下のブルーシートにハチの死骸が無残にも小山のように積み上がっていた。

その後、そこら中に死骸がボッタボタ散らばっているのを目にしたり、数時間たった後もどっかから帰ってきたハチたちが塊のあったあたりをブンブン飛んでいたりするのをタバコ吸いながら見ていると「人間だって急に家がなくなってたらウロウロしちゃうよなあ」「でも放っとくわけにもいかないもんねえ」とか言い合って、どうにもかわいそうなやりきれない気持ちになる私たちであった。


そんで私は家に帰ってさっきから「ミツバチ びっしり」とかで検索をかけ始めたのだが、どうやらアレは「分蜂」つうて、群れが大きくなったときに二匹目の女王蜂が生まれて、ほんで古い方の女王が働き蜂の半数を率いて群れを出て新たな巣を作る過程で見られる現象、なのかもしれんね。

その時のハチたちは腹一杯エサ食ってるんでほとんど人を刺したりしないこと、そして巣作りに適当な場所を見つけると(たいてい半日~数日)消えてしまうことなどを知って、ああ私たちは早まったのかもしれん、と慚愧の念が。それを知ってりゃ、注意書きを大書した段ボールとか貼りだして通行人に注意を促すような方法もあったのかも、とかさ。

そんでもそれでちゃんと消えてくれるのかとか、わかんないけどさあ、かわいそうはかわいそうだったなあ。あと養蜂家のサイトとか見て回ってると、なんかすごい可愛く思えてきちゃうんだよねミツバチ。すごい可愛い。「がんばれ私の蜜蜂」とか言ってる人いるんだぜ。将来そんなことができる環境に住めたら飼いたいかも。それが仕事になるってんなら、そんな仕事もアリだったのかも。とか。




(過去ログ移植実験でした。)
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loosetrap.blog103.fc2.com/tb.php/2-0f74f56d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

GONZO

映画『GONZO』公式サイト

プロフィール

五合

Author:五合

FC2カウンター

ブログ内検索

読書メーター

最近読んだ本

鑑賞メーター

最近観たビデオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。