Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loosetrap.blog103.fc2.com/tb.php/14-c530f9c0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

夏はお休み

夏はいいなあ。夏のお休みはいいなあ。暑さの峠を越してすこし過ごしやすくなった今日のような休日は、昼からだらだら酒飲んだりして、洗濯機まわしたりして、音楽かけたりしてて実に気分がいい。



風呂というかシャワー上がりに手の甲と手首周りに爪を立てるとボロボロと異様に垢が取れるのである。毎日取れる。とくに右手がよく取れる。なんだろうと思う。ものすごい代謝のよさだ。
昼間の作業中に軍手をはめていて、じきに軍手は汗でびっしょり濡れてしまうのだ。夏場はね。
汗をかくということは体から水分が浸み出して、その時に水だけでなく塩分などミネラルやら老廃物やらが一緒に出て来て、それらが皮膚表面に付着して垢となるのだろう、とは思うんだな。
昨年はそれにあまり自覚的でなくケアを怠ったから両腕から広がって上半身がひどい汗疹(あせも)になったりしたんだなあ。
今年はその記憶があってマメに薬を塗ったりもしているから、今のところ大事にならずに済んでいる。たとえばこうして引っ掻いて垢を取り去るというのも汗疹の予防ではあろう。
しかしいったん汗疹になってしまうとそれを掻きむしるのは命取りであって、掻き潰した汗疹が周囲の皮膚に新たな汗疹となって、燎原を焼く野火のごとく増殖して……うう思い出したくないのである。

ひどい汗疹を経験するとアトピーの人とかの気持ちもすこしわかる気がする。皮膚が汚くなるとえらく気分が落ち込むのである。ブツブツの広がった肌を見ると悲しくなる。自分に自信が持てなくなる。自分で触ってたって気持ち悪いのだから、もう誰にも愛してもらえないのではとか思ってしまう。
逆に医者にかかって一気に改善したときは感激する。ああ肌がツルツルだと思ってすごく嬉しい。外見についての自信が急速に高まる。性的魅力も当社比2倍ぐらいに増した気になる。医学ってのはありがてえもんだね~と愚地独歩のセリフを口走ったりする。



尾籠な話だがここんとこしばらく排泄物が「赤い」。本当に赤いのである。まじまじと観察すると、これが道に落ちていても何だかわからないのではないかと思うぐらいの、恐怖を感じる赤さなのである。当初は「ああ昨日の激辛料理の唐辛子が」とか思っていたのだが、さらに尾籠だが拭いた紙の付着物も赤いのである。「切れたか」と思ったが毎日赤いのである。その割に痛みはないのである。しまいには明らかに昨日は赤いものを食っていないのに(なんだろう、赤ピーマンバカ食いとかさ)怖いぐらい赤いのである。

これはなんだ。重ね重ね尾籠で申し訳ないが、胃腸の出血では便は黒くなる。タール便というやつである(経験はある)。一方、血尿はピンクである。出ると「キレー」って思ったりする(経験はある)。ということは血ではないのか。なら、なんだ。あ……

思い至ったのはトマーテである。トマーテというお酒があって、スーパーや酒屋やコンビニに行くと売っている。アサヒとカゴメ共同開発というトマトジュースみたいな味の缶入りの酒で、これがめちゃくちゃうまい。発泡酒よりちょっと高いんだが、うまいので毎日ゴクゴク飲んでしまう。へたすると5~6缶飲んでグラグラになったりする。

これは確かに赤い。なるほどトマーテの色素であったか。とかうそぶきつつブックオフで250円で買ってきたこうの史代『長い道』など読むのである。うんうん、道さんはおれの嫁。




長い道 (Action comics)長い道 (Action comics)
(2005/07/28)
こうの 史代

商品詳細を見る
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://loosetrap.blog103.fc2.com/tb.php/14-c530f9c0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

GONZO

映画『GONZO』公式サイト

プロフィール

五合

Author:五合

FC2カウンター

ブログ内検索

読書メーター

最近読んだ本

鑑賞メーター

最近観たビデオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。